まくらが大好き・改

コスプレのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近

仕事が忙しくて帰りが遅くなることが多いんだけど、今日も例に漏れず遅くなって23時くらいに帰ってたの。

したらね、うちの会社の近くにキャバクラとかほとんどないようなカスカスに寂れた赤提灯の飲み屋街みたいなところがあるんだけど、そこに唯一あるキャバクラの客引きの黒服のお兄さん(25歳くらい)の尻ポッケからぼのぼのちゃんとしまっちゃうおじさんのぬいぐるみストラップが出ていてね……

こんなさ、東京の不夜城と言われるところから離れたうらぶれた繁華街のキャバクラのお兄さんがぼのぼののぬいぐるみストラップを買うほどぼのぼのが好きなのかなって思ったらたまらなくなって…

しかもそのぬいぐるみストラップのチョイス、ぼのぼのちゃんだけならまだしもしまっちゃうおじさんなんだよ。

…しまっちゃうおじさんかぁ……キャバクラの黒服のお兄さんがしまっちゃうおじさんかぁ……そっかぁ……

群衆のなかの孤独感や焦燥感や挫折感を感じました。

~年末の超繁忙期、酔ったお店の女の子に罵られバカにされながらも帰りにお家まで車で送っていき一息つけた真冬の深夜3時頃、真っ暗な道路にぽつんと佇む自販機でホットカルピスを買って飲みながら、東京でミュージシャンになるんだと、俺の音楽で政治を変えてやんよ!とアナーキズムに任せ親の反対を押し切り故郷も親も捨て出てきた東京というコンクリートジャングル。自分は特別だと、カートコバーンの生まれ変わりだと信じていた根拠のない自信だけで精神を保っていた10代が過ぎ、都会の冬の寒さにふと死を感じて老後を考える。お母さんが作ってくれた豚汁の味を思い出し、なにしてんだ俺って…なったときにしまっちゃうおじさんのぬいぐるみストラップがふと目に入る。コンビニで安酒を買い河原に行き、過去を逡巡し言い知れぬ不安感に襲われこのまま眠ってしまおうとそのまま河原で野宿。朝寒さで起きて、あーー、またしまっちゃうおじさんこなかったなぁ……まだ生きてるわ、俺。納得はしてるけど満たされてはいない。慢然と生きている。どうしたらいいんだろう…〜

ってとこまで妄想しました。

誰か彼の心を暴いてほしい。四畳半のパイプ椅子だけが置かれた、自分の生き方に嫌でも向き合わなければいけない逃げ場のない精神世界を連想させる真っ白な部屋で彼の心を暴いてほしい。わたし別室でその様子をモニターで眺めたい。ロンドンハーツ的な。

もう秋ですね。

P.S.こないだ免許更新で鮫洲に行ってきました。高度経済成長から時が止まったような街に激しくこころが掻き毟られ、幸せってなんだろうという人間の命題に向き合いました。自分の身の丈に合った小さい幸せこそが人生を裕福にさせる幸せなんですね。ニャンクック。

« 昨日から!|Top|凛ちゃんへ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

とら

Author:とら
コスプレしてやす。
犬がすっきぃ~~ん

【オリジナル写真集製作中!!】
HOTELtheCELL




HOTELtheCELL




HOTELtheCELL




HOTELtheCELL




HOTELtheCELL


【PINO刹(裏方参加)】
SP-K奮闘記

【牌さん(裏方参加)】
 

【おれたちのさくさん】





Twitter


コスプレコミュニティサイトCure

コスプレ

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。